Menu

フィラリア・ノミ予防

Home
診療案内
気温が高くなると蚊やノミなどが出てきますね。
蚊は犬や猫の心臓に寄生するフィラリアという線虫を運んできたりしますし、
ノミも伝染病や皮膚炎の原因になることがありますので注意が必要です。

フィラリア症予防

フィラリア症の予防を万全にしてください

フィラリア症の予防を万全にしてください

フィラリア症は大阪市内でも比較的よく見られる寄生虫症です。
感染犬10頭のうち、3頭程度が1年以内に死亡する恐ろしい病気です。
発症すれば完治は困難ですが、きちんと予防薬を投与することで
ほぼ100%予防できます。

平野、東住吉区地域ではよく見られる病気です。

フィラリアに感染した症状

フィラリアに感染すると下記のような症状が現れます。

・咳がでる
・元気がない
・食欲が無い
・お腹が膨らんできた
・呼吸が苦しそう
・尿が赤くなる

放置すれば死に至る恐ろしい病気です。
しかし予防薬の投与でほぼ100%できます。

フィラリア症の予防方法

フィラリア予防薬一覧

フィラリア予防薬一覧

予防薬は動物が蚊に刺されないようにするためのお薬ではありません。
動物の体内にフィラリアの幼虫が入って成虫になり
心臓に寄生する前に駆除するものです。
蚊が伝染媒体であるため予防は蚊の発生時期に合わせますが、
予防薬は感染したフィラリア幼虫が体内で1ヶ月ほど成長して
はじめて効果を発揮するので投与開始は蚊が出て1ヶ月後、
投与終了は蚊がいなくなった1~2ヶ月後までとなります。
地域によって差がありますが、投与期間は5月から12月までです。
飲み薬、錠剤、塗布タイプがあります。

右の画像はフィラリア予防薬の一覧です。
おうちのワンちゃんやネコちゃんに与えやすい剤型をお選びください。

※画像はクリックすると拡大します。

ノミ・ダニ予防

ノミやダニに刺されると・・・

ノミやダニに刺された際の症状

ノミに刺されると・・・
「ノミアレルギー性皮膚炎」を起こすことがあります。
また、多量のノミに寄生された場合は
貧血を起こしてしまうことがあります。
ダニに刺されると咬まれた所に炎症を起こしたり、
貧血を引き起こす病原体を媒介されることがあります。

ノミ・ダニはどこでうつるの?

自然にわいてくるものではなく、散歩中や草むらなどでうつってきます。
動物の体に寄生したノミは卵を産み、体から落ち動物が移動したときに卵がばらまかれていきます。
落ちた場所で卵は孵化し幼虫となり、また成虫となって、吸血する相手がやってくるのを待つのです。
しかし、行動範囲が限られているペットは自分の落とした卵が育ってまた自分についてしまい、
家の中でノミが大発生してしまうのです。

発見するには?

ノミの糞は最初は細長い形ですが、乾燥すると崩れて黒い砂粒のようになります。
それが腰や首、お腹に見られたらノミがいると思わなければなりません。
血液を吸っているノミの糞は水で湿らせると赤くなるため確認できることがあります。
また、マダニは動かずにひとつの場所に食いついて血を吸っているので発見は簡単です。
頭や首、胸元によく寄生し、血を吸うと腹部が徐々に大きくなり、
1センチくらいの黒いイボのように見えることがあります。

ノミ・ダニ予防薬について

ノミ・ダニ予防薬一覧

ノミ・ダニ予防薬一覧

マック動物病院では、ノミ・ダニの予防薬として
スポットタイプと錠剤をご用意しております。

おうちのワンちゃんやネコちゃんにあった剤型をお選びください。

※画像はクリックすると拡大します。